内股のエクササイズ

内股のエクササイズ

太もも、特に内股を中心としたエクササイズです。

スクワットを中心とした運動で、20から30セットを目安にしてみましょう。


 

Move 1: ワイドスタンススクワット

  1. 脚は肩幅より少し広めに開いて下さい。つま先は10時と2時の両方向に向けて下さい。
  2. ゆっくり腰2秒かけて腰を落としましょう。1秒止まってから、また2秒かけて腰をあげます。

 

Move 2: パイルスクワット

つま先立ちになり、つま先は外側に向けた状態で始めましょう。

  1. 両かかとはつけた状態で、つま先立ちになります。
  2. 2秒かけて半分だけスクワットし、2秒かけて腰をあげます。かかとはつけたままです。

 

Move 3: ボールを使ったスクワット

  1. 肩幅に脚を開き、つま先はまっすぐ前に向けます。ドッジボールサイズのボール(又はバスタオルを結んだ物)を膝上で挟みましょう。
  2. 内股でボールをしっかりおさえましょう。2秒かけて腰をおろし、1秒ポーズしてから、また2秒かけて立ちます。

 

Move 4: 腕をスウィング

  1. 肩幅より少し広めに脚を広げ、つま先は外側に向けて広げましょう。無理のない範囲でダンベル(又はペットボトル)をお腹の前にもっていって下さい。
  2. 腕は真っ直ぐ伸ばし、スクワットすると同時に肩の高さまでダンベルをあげて下さい。1秒で腰を下げ、2秒かけて立ち上がります。

 

Move 5: 内股でプレスエクササイズ

  1. マットなどの上に膝を立てて寝ます。この時脚の裏はマットにつけたままです。
  2. 先ほど使ったボールを膝で挟みます。両股を使うつもりで、ボールをぎゅーっと30秒程プレスしましょう。
  3. 10秒休憩したら、また30秒。これを4セットします。

 


 

これらは主に太ももの、内股を鍛えるエクササイズです。

内股の筋肉を使いつつ、脂肪を落とし、スラッと隙間のある内股を目指しましょう。