太ももエクササイズの心得!

エクササイズ

1. 加圧トレーニングで太ももを細くする方法

しかし加圧トレーニングは武器にもなります。あなたの目標は太ももに筋肉をつけず、脂肪を燃焼させることのはずです。そうする為には、太ももの筋肉はなるべく動かし過ぎないようにする必要があります。例えばマシンを使う場合、抵抗の低いエアロバイクや傾斜低いトレッドミルを使うのが良いでしょう。もちろんある程度の結果を出す為に、適度に高い強度で運動する必要はあります。

 

2. 筋肉を鍛えず、脂肪を燃やす為の長時間の有酸素運動

長時間の有酸素運動は、筋肉を大きくしてしまうことを避けることのできる運動方法です。マラソン、ランニングなどの長距離走は、太ももを大きく見せてしまう筋肉を鍛える事はせず、必要最低限の筋肉だけ作り上げます。その結果、大きな筋肉を更に鍛えることなく、脂肪を燃焼することもできるのです。短距離走、スプリントなどの運動は避けてください。これらに使う筋肉は、太ももを太くする筋肉を鍛えます。なので、スプリンターと比較して、長距離走者の方がスリムな脚を作れます。

 

3. ランニングでスリムな脚を目指そう

マラソンなどの長距離野ランニングは太ももの筋肉を小さくし、周りの脂肪も減らす事ができます。特に、太ももの太さが気になる人には最適な方法といえるでしょう。もしランニングが大変、難しいのであれば、抵抗の低いエリプティカル・トレーナーを使用するといいでしょう。これは、ジム等に置いてある、ペダルを踏むマシンのことです。この運動は、姿勢が大事になってきます。正しい姿勢でペダルを踏む事で、ヒップ、外腿、太ももの裏と、太ももを大きくせずに鍛える事ができます。

 

4. 筋力トレーニング

ある程度太ももの脂肪を落とす事ができたら、筋力トレーニングを始めてみましょう。綺麗な脚に筋肉は不可欠です。筋肉をつけつつ、すらっとした形にしたいのであれば、レジスタンス運動をするのがいいでしょう。太ももの脂肪を減らす為に減量したのであれば、今こそ太ももに筋肉をつけ、綺麗な形をつくるのです。筋肉をつけるために、体重は標準以上は落とさないようにしましょう。

 

5. 忍耐力も大事!

目標達成させる為には忍耐力も必要です。部分痩せ、特に内股の部分痩せは難しいです。体脂肪は減量しなければ落ちない上、内股は全体のうち、特に女性は最後に落ちる部分だとも言われています。キレイに痩せたいのであれば、簡単に痩せようと考えてはいけません。痩せるには忍耐力がとても大切なのです。